在ることについて

アタマの中にある事柄を吐き出すために書き留めるためのブログ

ぐるぐる(アタマの中のこと)

どうぞ、お構いなく

勇気がないから、自信がないから、周りからどう見られるのか気にしているから… 勇気って何だろう? 恐れない心だろう。 何に恐れている? それは本当に恐ることなのか? 恐れは何も知らないこと、知らないから予想も予測もできない=無知と言える。 だが自分…

心眼

人は何かを見るときに、自分の中にある様々なことを含めて、それらを見ている。 またその相手を見て、判断することがある。 事実は、その時点で事実ではなくなる。 事実だけを見る力があるのか。 本物を見極める力があるのか。 目の前にあることは、ただある…

未だに

自分に対して本気で向き合ったことがあるだろうか? 自分の人生に対して、本気で向き合ったことがあるだろうか? ただ何となく周りが、一般の大多数がそうだからという理由で、そうだと思ったことはないだろうか? 疑うことを止めてしまった人は、もう人では…

全てのことに対して

かれこれ三週間前の日曜日の夜、その異変に気が付いた。 『あ、これヤバいかも…』 その夜は、予定がありいつもより遅かった。 倒れるように寝たものの、マシになるどころか酷くなっていった。 私の身体を蝕むそれが何かは病院に行かなかったことで不明のまま…

見えていなかった景色を見る

センス、いわゆる【感覚】や【感性】がいいかとか『意識高い』などの言葉があるが、いったいどういう人を指すのだろうか? センスにしろ、意識にしろ、人よりも抜きん出ている、秀逸であるということ。 だが、言い換えれば人と違っている。 そして、この『人…

とりとめもなく

色んなことが目まぐるしく起こっている日々を過ごしている。 果たして自分はどこに行くのだろうか? と、ふと思ったものの、行く先を決めているからそこに向かっている。 だが、道中のこと全てを予想していて、予定しているわけではないので、『マジか』とな…

突き付けられるシンカ

水は高いところから低いところへ流れる。 低いところへ流れ、溜まり、澱んでくる。水以外の大抵のことも同じことが言えよう。 流行は『流れ行く』ことで、【流れて来る】ことではない。(このように当たり前のことを再認識し、概念し直すことは大切なこと)…

呟いたまとめ1

最近ブログでは『人生=生きる』ということについて、色々と考察してみたり、実践してみたりして感じていることを書いてきた。 ブログに書くときは時間だけでなく、自分自身がアタマの中を整理したい時にも使っているので、文章として書いていることが多いが…

付け加える

過去に縛られるのか、未来を手繰り寄せるのか。 過去を参照していては、過去の延長線上の未来しか訪れない。 過去の活動がどうということではなく、今まで認識してきたこと、今まで培ってきた考え方、反応、選択する基準など… 未だ来ていないことに対して、…

判断する。

作業基準量(ノルマ)を課せられた仕事(労働)にて、『耐(堪)えて勝つ』と言われて、以前の自分ならば納得しただろう。 しかし、耐えて勝つという精神論的な考えや言葉に疑問を抱く。 何故、やり方が違うのではないかと思わないのか? 何故、協力する(さ…

豊かになりたいと強く思う

至極、有意義な時間を過ごしたので、書き留めておく。 時間が大切だという認識を以前したのだが、『時は金なり』という言葉がある。 この『金』というのは、貨幣であるお金という解釈がほとんどだが、そうではなく鉱物の『金』であると思う。 貴重であり、希…

思うところ…

私的なことといえば、年末年始のツケがたまっていて、それが身体へ顕著に出だしている。 例えどれだけ気持ちが若かろうが、老いは着実にやってきていて、それに抵抗するのかしないのかで老いの速度が変わってくるだけ。 当たり前だが、老いる現象を老化とい…

居場所を失う

『居場所を失う』と題して、何を書き留めようかと。 居場所を失う瞬間であったり、居場所を失う可能性があったり、失ってしまった後であるかも知れない。 居場所って何なのか? それは自分の存在が許されていて、その場で存在していると感じられるときであろ…

桃拾ってきたー

『むかし、むかし、あるところにお爺さんとお婆さんが…』 こう始まる昔話の代表と言えよう【桃太郎】 桃太郎の話しは何を伝えたかったのか? 何てことはあまり深く考えられずに、桃太郎が鬼退治に行くことになり、その道中で三匹(三種類)の動物と一緒に退…

本人の問題だけではない

下世話な話 〜その2〜 多くの人が他人に対して、見(興味を持ち)過ぎているように感じるが、そういう(他人から見られる)立場の人も居る。特にメディアに出ている人たちがそうだろう。 『他人の何に興味を持っているのか』ということもあるが、またの機会…

本質はどこにある

下世話な話 基本的にテレビ、新聞などメディアから情報を手に入れないようにしている。それはほとんど無駄な情報でしかないから。 最近メディアの情報に触れる機会が多くなった。改めて『知らなくていいな』と思うことばかりなのだが。 猟奇的な事件や人とし…

ただそこに在るだけ

おそらく自分が人(世界、社会)に対する思想、言動などが自分の世界を作って行くのだろう。 どんな人たちが居て、どんな場所に住み、生活し、どんな空間にしたいかということは、自分の世界に対して己が働きかけていくしかない。 もちろん他の影響もあるの…

超えていくために

殻を突き破る自分を超える自分に克つ 言葉にするのは簡単なこと。だが、それを実際にするとなると、何故か気乗りしなかったり、(ブレーキを掛けてしまう)、怖じ気付いてしまったりする。 それは何でなんだろう?例えば、この世界中全員の人から『いい(賛…

経験のない机上の空論

若いということは、それだけ機会も時間もたくさんあるのだ。 歳を取れば、取るほど実感していく。『もう少し(もっと)若ければー』なんて、たらればなどは一切思わないが、自分より年下の人が話してくると、その無限の可能性の高さを感じる。 もちろん、自…

価値を決める

誰にも雇われず、自分で仕事をするとなると、ただ単に『請け負います』だけでは仕事はできない。 相手が仕事を依頼しやすいように、どのような内容や案件などであれば、いくらで請け負うかを提示しておくことが必要になる。それは自分で決めなければいけない…

これ、幸いなこと

今まで自己紹介をしていないし、できる限り特定出来ないようにしてきたが、多少なり公開しておかないと、文章が書きにくいので、公開したいと思う。 しかし、どこまで公開しようかと迷うところである。 どうでもいいかも知れないが、見てくれている人の中に…

脳を使う(考えるということ)

思考(脳)の省エネ化という話しを友だちとしていた。思考(脳)だけでなく、人間(動物も?)は楽することに対して、エネルギーを使ってきたと言っても過言ではない。便利=楽という形で、様々なモノやコトを生み出してきた。 全てにおいて、面倒なことをし…

使い方を知る

先日、占いについて書いた。 占いの使い方を間違えている人が多い。 宗教もそう。 何で、そうなのか本当のところはわからないが、おそらく『自分の人生は自分次第』、『自分で創り出していくことができる』ということを知らないからだろう。 この『自分次第…

問題×問題=XXX

何においても『問題(改善点など)』は付き物である。 その中でも、深刻な問題がある。 例えば、少子高齢化、温暖化、格差社会、貧困社会などなど、数え切れないほどたくさんの問題がある。 問題を解決するには色んな方法がある。 その中で問題に対して、別…

仕切り直し

何気なく聞いただけ 真剣に応えてくれるとは思っても居なかった 比較されるのは仕方のないことで、その比較と同じにはなれないし、ならないが、学ぶところはたくさんある 自分に足りないこと 人に聞いて、人から言われて、気付くこともある 『丁寧さ』 そし…

人生の天気図

生きることについて、様々な表現をしている。 役割演技(ロールプレイングゲーム)や泡爆弾(バブルボムゲーム)だけではないが、どれも完全没入型(フルダイブゲーム)となっている。 要は気づきにくい(もしくは気付かない、気付けない)ことがほとんどで…

ノルカソルカ

おそらく、このブログに書いてある記事のほとんどは同じようなことなのだろうが、それは同じことを思い続けているからか、その繰り返しを手離せていないのかも知れない。 ただ言えるのは自分自身が体験していないことや見えていないこと、感じられていないこ…

生み(作り)出すということ

アーティスト、クリエイターと呼ばれる人たちは、他と比べてどうなのかということよりも、自分の内面と向き合い、客観的に見つめ、そこから抽出される一滴、一滴の精製された自分の魂を加工しているのだと感じた。 言い換えればアートやクリエイトするという…

かけ離れても、離さない現実

もう感覚が変わってしまうと、元の、いや馴れ親しんだ感覚には戻れない 戻れないのもあるが、戻るという選択肢を選ばないようにしている。 「選ばないようにしている」 意識して選んでいない。 完全に馴れ親しんだ感覚から離れているわけではないから。 まだ…

可能性という出会い

新しい出会いは、たくさんの可能性を生み出す ケミストリー(化学反応)。 あんなことも、こんなことも、色んなことができるなーと、一人想像してにやけてしまう。 だが、そういう広がりは楽しいことばかりではない。 可能性があるということは、その出会い…