在ることについて

アタマの中にある事柄を吐き出すために書き留めるためのブログ

結合する

社会不適合者などと自分を決め付けていた日々を懐かしく思う。 自分の波長や思想、考え方、生き方など、とにかく根っこの部分で社会と合わないと思うことがあり、それから自分を適合できない、適合しないものだと思っていた。 社会っていったい何なのだろう…

ぐちぐち吐き出す

特定の人に対して嫌いになると、どんどん嫌いになっていく 気持ち悪いとまで思うぐらい嫌いになっていく 何故なのだろうか? それでも、それを出してはいけない 出ていても、その状態を継続してはいけない それをしてしまうと、自分の居場所がなくなるから …

創り出すをはじめる

クリエイティブなことをしているのかと聞かれたら、クリエイティブなことはしていないと答えるだろうが、創り出すのは何も芸術作品でなければいけない必要はない その生活の中で、何かを生み出そうとしているのか、例えば『いい影響を与える存在』としている…

世界を作り出している

僕は、たくさんの人の中で生きている。 その僕は、僕の知らない僕。 僕の中にもたくさんの人たちが生きている。 その人たちの全てを知ることはない。 その人たちが、僕の中でどう生きているのか知ることはない。 たくさんの世界があり、たくさんの人たちが、…

自分に問う

自分が何をしたら、どのような状態、状況、環境、何を与えたら喜ぶのだろうかと、考えている。 それを自分探しの旅と言うなれば、そうなのかも知れない。 それを早く見つけることが出来ればいいが、今まで見つけられていない。 途中で諦めたこともある。 発…

心の体幹

最近、人とのお付き合いが少し上達したように思う それはただ、自分の心のあり方が変わっただけなのかも知れない どちらにしろ、目の前の状況に良かったと感じる 仲の良い友だちと話している中で、自分にどのような制限を設けているのか、どのような指令を送…

取り留めのないこと

○○こそ、、、と思いながら、今年も『激動』の年になっている。 そろそろ、穏やかな流れにしようとしているのだが、思いと現実は違うのだと感じる。 ーーーーー 職が変わってから、勤務地が変わって2ヶ月。 最初の勤務地で起こった出来事はいつまで経っても消…

友だちなんて、、、

旧来の友だちと思っていた人物がいる。 色んな体験を共有してきた。 学生時代の青春とは違った、大人になってからの青春を味わいあった友だち。 お互いに色んなことを共有してきたので、年も関係なしに色んな話をしてきたつもりであった。 心を許している人…

夜に書く文章は、、、

夜に手紙を書くのは良くないらしい。 その書いた手紙を、朝読み返してみると恥ずかしいことを書いてしまっているという。 この文章もそのひとつなのかもしれない。 吐露されることは、支離滅裂で理解できるのは、今の自分だけなのかも知れない。 仕事のこと…

余裕がある

定かではないことである ただ、私は思う。 人に余裕があり、自分の人生を自分で歩いているのであれば、人に優しくすることができ、怒りに満ち溢れることもないのだろうと。 人を憂うと書いて、優と読む。 憂うことは、悩んだり、心配したりすること。 それを…

近況

昔、スピ系といわれることに、どっぷりとハマっていた時期があった。 友人のおかげで、その世界から抜け出すことができた。 スピ系の世界がすべて駄目だとは思わないが、その世界と現実が乖離し現実感がなくなると危ないそうだ。 見えないこと、わからないこ…

情報とは

どうして、情報を簡単に流してしまうのだろうか。 その情報を与えることで、その情報元に被害が及ぶこともあるってことを判っていない。 そういうことから個人情報保護という観点が出てきたのではないか。 個人情報を第三者に渡す場合は、その当人に確認する…

仕方がないから…

たまたま、そばを通り、杖が当たったから。それがなければ、誘導とかしなかっただろう。他に誰かがするのであれば、すればいい。だが率先して補助する人は居なかった。 列車が来たので、最後まで座っていた。他の誰かが視覚障害者の補助をするだろうと思って…

フライ・ハイ

ふと、目が覚めた。夜半に降ると思っていたが、思った以上に強い雨足に眠気が飛んだのか、寝ようと思えど眠れずにいた。こんな時に、色んなことが泡となり浮かび、その都度、不安という海に吸い込まれそうになる。今までの人生の分岐点を戻ってやり直すとど…

理想と現実

農に携わっていると、時々『農薬は使ってますか?』とか『オーガニックの野菜を作らないんですか?』とか聞いてくるけど、『そんなに欲しけりゃ自分でやったらいい』と思う。農を生業としている人の中には、有機や自然農でやっている人もいるが、大多数では…

決めること

それは、ふと空いた期間に訪れた誘(いざ)ないであった。インドには誘なわれないと行けないなんてことも言われていたりするほど、不思議な場所である。約6年前に誘なわれ、インドの凄さに負けて日本に帰ってきた。そのあと、復活するまでに時間がかかった。…

超地方都市

田舎に来て2年経つ。それまで大都市ではないけれど、都市と呼んでもいい所に住んでいた。住んでいた所を表すには、コンパクトシティという言葉が一番適していると思う。物凄いことはないが、それなりに名は通っており、印象もいいし、住み良い街。そんな街に…

新陳代謝

ロゴであったり、レイアウトであったりをパッと見たときに、いいデザインだなー。かっこいいな。おしゃれだななんて思うわけだが、それが何に繋がるのかまでは考えているのだろうか。デザインがいいから、どうなんだ?デザインがいいから、目的にたどり着く…

おどる

久しぶりに会う友達と、久しぶりにクラブへ行った。3軒ハシゴした。初めの2軒は人が多すぎて、踊るどころではなかった。何であんなにギュウギュウ詰めになってまでも居ようと思うのか不思議だった。最後の1軒は、たまたまそのクラブの看板?(今日の催し内容…

お付き合い

ここ二日間、人と飲む機会があった。大勢の人たちと飲んでいて、話しに入れない時や面白くない時は、様子を見るようにしていた。お酒を飲みながら、人と話す時にその人が見える。アルコールが理性を緩めるからだろう。緩みすぎで、醜態をさらす場合もあるほ…

説明会において

仕事として、フェアで説明することが多いが、職員と一緒に説明するときが一番困る。そのフェアに来ているお客さんが何を求めているのかをわからない状態で、自分のところの説明をするので、お客さんが聞いてて面白くない上に、ポカーンとしてしまう。挙げ句…

素直

ありのままに、まっすぐに、そこには我(が)がなく、従うでなく、受け入れる。言葉遊びと言えよう、この言葉の一つ一つの成り立ちやどういう意味なのかを知ることは、改めて普段から使う言葉を見つめ直すことで、自分のチカラ(言霊)として使えるような気…

多幸感

幸せではなく、気持ちがいいという表現が近いと言えよう、多幸感。これは脳内にある物質が分泌されることで、気持ちのいい状態になる。調べると色々と出てくるが、一番言われるのが薬である。多幸感を得たいがために、そのようなことを続けていく。その一時…

この仕事

望んでいないことでもやる。それがこの仕事なのかも知れない。望んでいたとしても、一足飛びにできることではない。どちらかと言うと望んでいないことをやっている感覚が強い。そこに自分の存在や爪跡を残せるのか、残さなくてもいい。選択肢が用意されてい…

踏み込む

人と人とのお付き合いの中で、どれだけ相手の世界に自分は入っているだろうか?どれだけ自分の世界に相手を入れてるだろうか?相手の世界では、相手の世界の決まりやしきたりがある。相手の世界に入っていくときに、気をつけたいことの一つにそういう決まり…

ふと思ったこと(インターネット)

時々、ネットで調べ物をしていて、記事や文言で気になることがあると、調べ物とは関係あろうが、無かろうが、気になり調べていく。そうやって色んなことが派生していき、収集つかないこともある。だが、それを調べたことで、今調べていたことの反対意見など…

バカに付ける薬はない

バカには本当に驚かさせる。どういう考えなのかバカを理解はできない(むしろしたくない)のだが、仕事と認識していないからか、自分の都合をわざわざ言ってくる。仕事でお金をもらうということは、そのもらっている先の規則に従うことが条件になる。そこに…

意識すること

人の心の領域というのは、顕在意識、潜在意識、無意識と3つの層に分かれているらしい。各それぞれを簡単に言うと…顕在意識とは、気がついていること。意識している、意識できること。その範囲で海に浮かぶ氷山でいう見えている部分、てっぺんの部分。潜在意…

ワイングラスを傾けて

ワインは、ぶどうの品種や、産地、取れた時期によって全く違う味だそうで。その上、いつ開けるのかによっても違う。開ける時期、どんな場面かなどによっても違ってくる。同じワインは、この世に存在しないと言っても過言ではないぐらい。そんな話しをワイン…

タダより怖いものはない

見返りを求めてしているわけではないが、それを仇のように返されたり、軽々しく思われているように感じると非常に虚しくなる。これは、自分の心の問題だけなのだろうかと深々と考え、客観的に見ようとしているが、感情が直ぐに出てしまうことで見れずにいる…

ムラ社会と都会

以前、『社会とは何?』ということから、社会の境界線はどこからかなどを考えたことがあった。多分、社会とはその空間に自分以外の存在(人だけではない)があることから、社会が始まるのだろう。そして、その存在が多数になればなるほど、決まりごとが必要…

大きな違い

一つのイベントが終わったことに対して、よかったと思うのは構わないが、それに100点を自分自身で与えるのはどうかしていると思ってしまう。 成功に終わったとしても、振り返り反省する点はあるはずだ。 なぜよかったのだろうかと分析をすること、あげら…

同じこと

多くの地方は、お金を持っていない。少なくとも、今居る自治体の財政は逼迫している。それはそうだ。経済の流れが滞っているから。都市には勝てない。一極集中しているのもやむ得ないが、、、しかしだ。そう仕向けたのは、誰でもないその地に住まう人たちで…

言葉と行動

言った限りは…色んなことを考えたり、言ったりしても、それに行動が伴わなければ、単なる夢や希望を述べているにすぎない。本気になれば、失敗を恐れず行動に出る。行動することで、見えてくることがあるから。行動する前に失敗することばかり、並べて怖がり…

一点突破

あれも、これも、どれもある分だけ、それぞれにチカラが必要になる。それぞれに掛けるチカラが十分にあれば、それでもいいと思うけど、もしチカラがないのであれば、分散してしまいボヤけてくる。全てがキラキラとしていれば、美しいとなるのだろうが、どれ…

蒔いた種

どんな土壌であれ、種であれ発芽するときはする。どんな出来になるのかは、分からないけれど。そして育った作物は刈り取る。刈り取らないのであれば、腐り肥やしにかも知れないが。作物ならいいものの、これが人の仕業になると厄介になる。育てるのも労力が…

比喩表現

比喩表現をすることで強調されると言われるが、本当にそうだと感じる。直接的な表現ほど安っぽく感じ、心に残らない。ナイフを突き立て、擦り込むような痛さを覚える。そして日本語の素晴らしさに驚かされる。文字を使い、相手にそれを想像させることで、あ…

責任と無責任

よく『やったらいい』と言われることがあるがら、その言葉の意味は、『あなたがやるのはいいが、私たちは関知しない』ということも含んでいることに気がつく。『やろうや』ということは、一緒にやっていくということの意味を含んでいる。そういう言葉の一つ…

何ができるのか?

何の意味があるのかは、わからない。自分の放つ言葉から何を紡いで、どんなものが作り出されるのかもわからない。自分の心の奥にあること、熱く思うこと、やっていることを言葉にしていく。何をするにも、足りないことは人のチカラ。人が一人で出来ることは…

相手に対して言う言葉

『ダサい』と言うのは簡単だが、それ以上のことやものを作り出せるなら言えばいい。人に頼んでおいて、そのような態度はない。その頼んでいる相手に直接言えようか?自分がそのようなことを言われた時にどう思うのだろうか?まず、何か人にしてもらったこと…

残念極まりないひと

都合のいいことばかり言う人や、言葉の使い方を知らない人が居る。もうそれなりに社会経験があれば、そのようなことは身につけているだろう。全員が身につけているとは思わないが、身につけていない人ってのは、社会というものに馴染めないでいる人が多いと…

素直になれなくて

じぶんの素直な気持ちを、真っ直ぐに言えるだろうか?まず、素直な気持ちに気づけていないことが多いのではないだろうか。『言われてみれば、そうやねんけど…』や『そうではない』と相手から言われても認められないこともあるだろう。知られたくないこともあ…

甘いわ

自己管理ということで、いろんなことを試しているが、一つ分かったことは自分自身に甘いということ。自分を追い詰める必要はないが、しっかりと自分を自分で管理していくことが自己管理。それを実行するために、1日の計画を立てて進めてみようとしたら、大…

諦めないこと

かの偉人や成功者、成し遂げた人たちのやり方を真似て、こういうやり方がいいだとか、こういうやり方より、こういう方がいいとか言うが、結局のところ凡人との違いは、常に挑戦し続けていて、己に勝ち続けているだけだ。方法が大切ではなく、戦略が大切なの…

片付けない部屋

綺麗になった部屋にはないものに気付いた。片付けないのは、それから目を逸らすため。きちんと片付けなくても、何かを探し見つけなければいけないことなんてないから、それなりにどこに何があるのか、わかっている。何故、片付けたのだろう?気付かない振り…

負うこと

何故、こんなにも負わなければいけないのだろうか?それを自分で選ぶクセがある。背負えないことは、負わなくていいはずなのに。それを負うことで、自分の大切なことを失ったり、自分の気持ちにゆとりがなくなってしまうのは馬鹿らしいはずなのに。断ること…

行動する前に

その行動をする(アクション)前に、「やりたいこと」なのか、「やってみたいこと」なのかをちゃんと境界しておくことが必要なのかもしれない。 「やりたいこと」と「やってみたいこと」の違いをはっきりと持っている人は少なくて、「やりたいこと」に「やっ…

有言実行のこと

口に出すと、実現に向かっていく状況になっているような気がする。誰に言ってもそうなるわけではないが、よく活躍している人や、自分を認めてくれている人、自分が言ったことに対して賛同したり、応援したいと思った人だと実現に向かっていく。この言ったこ…

見えるということ

人は情報のほとんど7〜8割を視覚から得ている。その視覚から作られることで制限をかけたり、弊害をもたらせたりしていることがわかった。暗闇体験を受けて、そういうことを感じた。長い時間ではなかったことや、初めから見えない環境ではないので、あくまで…

共通

趣味や趣向、思想などが共通しているということは、かなり重要ではないかと思っている。話しが合う、その感覚が似ている、考えが近いなどは、相手に親近感を抱く。自分と似たような人を好きになるのは、相手を通して自分を肯定しているのかも知れない。もし…